じゅごんの里からのお知らせ


サンゴ礁ウィーク関連イベント 大浦湾グラスボートでアオサンゴ見学&貝とことばのミュージアム見学 そしてサンゴの学習会

グラスボートから見えるアオサンゴ
グラスボートから見えるアオサンゴ

去年に引き続き、沖縄県サンゴ保全推進協議会が行うサンゴ礁ウイークの関連イベントに参加します。

3月3日(土)11時~12時は グラスボートによる大浦湾アオサンゴ群落の観察 と 瀬嵩区に新しくOpen する貝と言葉のミュージアムの見学を行い、

午後13時~14時は 瀬嵩区公民館にて、日本自然保護協会の安部真理子研究員を招いてサンゴの学習会を行います。

午前午後とも参加は無料です。

 

午前中のプログラムは20名の定員ですので、予約が必要です。 

参加ご希望の方はじゅごんの里 0980-55-8587 までお電話ください。

 

名護市久志地域では3月3日~25日まで、フラワーフェスティバルが開かれています。様々なイベントやオープンガーデンなどが催されていますので、ぜひこの機会にこちらまで遊びに来てください。

 

貝と言葉のミュージアム
貝と言葉のミュージアム 展示室
サンゴの学習会
安部真理子さんによる サンゴの学習会
大浦湾グラスボート
大浦湾グラスボート
ダウンロード
チラシ
サンゴ礁ウイーク関連イベント
大浦湾アオサンゴ見学
貝とことばのミュージアム見学
サンゴの学習会
サンゴウイーク 2018.pdf
PDFファイル 309.4 KB

満月まつり2017 11月4日(土) 瀬嵩の浜 17時30分スタート

本日の満月まつり予定通り行います!!

(天気は夜にかけて回復するという予報です。)

少し肌寒いですので、暖かくしてお越しください。

暖かい飲み物、食べ物も用意しています。

 

今年も満月まつりが開催されます。

11月4日は旧暦の9月16日。満月のあかりの下、美しい大浦湾を眺めながら、ともに歌い、踊りましょう。


参加無料!

500円の参加協力券の購入で、豪華景品の当たる抽選会に参加できます。

 

プログラム

 

 

1700 開場

 

1730 スタート まよなかしんや&沖縄歌の里

1800 二見以北老人会民舞

瀬嵩青年会エイサー(予定)

1830 1回抽選会

 

  瀬嵩こども琉舞

知念良吉&ワカゲノイタリ村

1930 高江現状報告

 

フラ U'i Ohana

 

2000 第2回抽選会

 

海勢頭 豊

 

2030 end

 

 

司会:ken

 

 

 

出店

 

World Kitchen Aina 移動タイ屋台たら・ぱん わんさか大浦パーク 

 

自家焙煎珈琲みちくさ

 

(ビール・ソフトドリンク、沖縄そば等は受付横でも販売します。)

 

 

 

愛と希望のマッサージKia Ora(マッサージ)

 

イマル商店(ジュゴンマスコットなど)

 

(出演者のCDや、ジュゴンTシャツなどの物販もあります。)

 

 

 

 

 

協賛

ヘリ基地いらない二見以北10区の会 ヘリ基地反対協議会 北限のジュゴン調査チームザン 「ヘリパッドいらない」住民の会 泡瀬干潟を守る連絡会 クラップハンズ ジュゴン保護キャンペーンセンター ピリカ全国実行委員会 一坪反戦地主会浦添ブロック 沖縄恨の碑の会 アイヌ民族と連帯する沖縄の会 沖縄うたの里 

まよなかしんやさん、フラの方々の写真はありましたが、他の方々の写真が無くって(^^;)。

過去の満月まつりの写真お持ちの方、送ってください!!!


ドキュメンタリー映画zan ジュゴンが姿を見せるとき 上映会

2017年9月16日(土)午後4時から、名護市図書館AVホール 入場無料

またまた、ZANの上映会です。今度は名護市図書館AVホールなので、前回より、音が良い上映となります。ぜひご覧ください。英語字幕付きです。

 

「ZAN」ドキュメンタリー映画の上映会をします。

日本自然保護協会がIMAGE MILL とともに制作した、ドキュメンタリー映画「ZAN」の上映会を7月8日土曜日19時より緑風学園体育館で行います。

ZANとは沖縄の言葉でジュゴンのこと。名護市東海岸に生息するジュゴンを取り巻く環境について、いろいろな視点から紹介しています。

とにかく映像が美しい!

大浦湾、嘉陽の海中、美しいビーチ、上空からの映像。 ぜひ多くの人に見てほしいです。

特に子どもたちに地域の海を知ってほしいと願っての特別上映会です。

入場無料。お問い合わせはじゅごんの里0980-55-8587まで。

 

ジュゴンのぼり 今年もはためく

第3回ジュゴンのぼり、大成功でした。

参加くださった20名あまりの皆さん、本当にありがとうございました。

新しい試みだったサンゴ染めも、とっても上手く行きました。絵具でもクレヨンでも、とても素敵に仕上がりました。サンゴの海でもある大浦湾で泳ぐジュゴンにぴったりの柄ですねー。

子供たちもとても楽しんでくれたようで、うれしかったです。

大浦湾のジュゴンたちがこれからもずっと私たちとともに生きていけるように、したいです。

ゴールデン期間中はわんさか大浦パークで見ることができますので、ぜひお出かけください。

 

事前に仕上げていただいた保育園、幼稚園の子供たちの絵も、とてもかわいかったです。ありがとうございました。去年までの8頭と今年加わった9頭併せて17頭のジュゴンがはためいています。今年作ったジュゴンちゃんは、どれもこれもかわいくて、見ていて愛おしくなりました。

掲揚後に、浦島悦子さんが新しく作った紙芝居を読んでくださいました。

浦島さんが書いたジュゴンのお話に、なかちしずかさんの素晴ら絵の紙芝居。こどもたちも真剣に聞いていました。

琉球新報の電子版にもさっそく載せていただきました。

みなさん来年もまた取材に来てくれるようにぜひ記事にいいね!やツイートをしてください!!

ジュゴンのぼり、すいすい、名護わんさか大浦パーク

今年はイマル商店さん、和美さんにた~くさん手伝ってもらい、また人も集まり、サンゴ染めも掲揚も上手く行き、大成功でした。

皆さんご協力ありがとうございました。